株式会社 アオテアロア
HOME > 学会・研究発表 > サメ抽出脂質の抗腫瘍作用

学会・研究発表

サメ抽出脂質の抗腫瘍作用

2004年4月2日〜4日に日本大学で開催された第137回日本獣医学会学術集会で、サメ抽出脂質の抗腫瘍作用に関する報告がありました。

第137回 日本獣医学会学術集会

機能性食品(アガリクスタケ、タモギタケ、ヤマブシタケ、アラビノキシラン、 サメ軟骨、および抽出エキス)の摂取がマウスLM8Dunn骨肉種移植腫瘍の成長に及ぼす効果

木戸 伸英1、高木 哲1、島田 健次郎2、奥村 正裕1、廉澤 剛1、藤永 徹1

  1. 北海道大学獣医外科学教室
  2. 協和発酵工業株式会社
要約

LM-8マウス骨肉腫高肺転移株細胞を C3h/HeN マウス背部皮下への移植前3週間、各種機能性食品を混和した飼料を給餌し、その後さらに6〜7週間給餌した。一方、対照群は飼料のみを給餌した。実験1のアガリクスタケ、タモギタケ、ヤマブシタケおよびアラビノキシラン投与群(n = 6)では、対照群に比べて移植腫瘍の成長に明瞭な効果はみられなかった。実験2のサメ軟骨およびサメ抽出脂質投与群(n = 10)では、移植腫瘍および転移腫瘍の成長抑制傾向がみられ、その効果はサメ抽出脂質投与群でやや強い傾向がみられた。実験3のサメ抽出脂質投与群(n = 7)では、移植腫瘍組織内の血管数が有意に減少すると共に、実験2より明確に腫瘍成長抑制傾向がみられた。以上の結果、サメ抽出脂質は抗腫瘍効果性の新しい機能性食品として検討に値すると考えられた。