株式会社 アオテアロア
HOME > 学会・研究発表 > グリピンクリームの乾皮症に関する臨床効果

学会・研究発表

グリピンクリームの乾皮症に関する臨床効果

2007年9月5日(水)〜8日(土)にスイス・チューリッヒ、イルチェル大学にて開催された第37回ヨーロッパ皮膚科学会(ESDR)で、グリピン(マイタケ抽出物)クリームの乾皮症に関する臨床効果が報告されました。

第37回 ヨーロッパ皮膚科学会

Gripin®(マイタケ抽出物)クリームの乾皮症に対する臨床効果

長尾美枝1,松崎茂2,佐藤隆3,伊東晃3,高橋雅夫1,4

  1. 株式会社ハイマート、〒103-0027 東京都中央区
  2. 吉井中央診療所、〒370-2132 群馬県多野郡
  3. 東京薬大・薬・生化、〒192-0392 東京都八王子市
  4. Immuno Research Ltd.、ニュージーランド、オークランド
目的

乾皮症は、皮膚のバリアー機能低下による角質水分量の低下とともに、皮膚に鱗屑、亀裂、侵食、肥厚が認められる疾患である。乾皮症は、加齢や様々な環境因子により発症するのみならず、アトピー性皮膚炎などの慢性皮膚疾患でもみられる一般的な症状である。乾皮症患者は鱗屑や肌荒れ、掻痒や痛みによる不快感を訴えるので、低下した皮膚バリアーを構造的・機能的に改善することが有効な乾皮症治療に繋がるものと期待される。演者らは、ハムスターおよびヒト皮脂腺におけるin vivoおよびin vitro実験より、Grifola frondosa (マイタケ)抽出物(Gripin®)が、皮膚における生体防御の一端を担う皮脂の生合成を促進することを発見した。本研究では、Gripin®による乾皮症の改善効果を検討するために、軽度から重度の乾皮症患者において、その下腕および下腿に0.2% Gripin®クリーム(舞潤®、MaiJun) (Fig. 1)を塗布し、Gripin®クリームの臨床効果を検証した。

グリピンクリーム(舞潤クリーム)

Fig 1. Gripin®クリーム、舞潤®(MaiJun)

被験者と実験方法

試験開始当初、60名(男性25名、女性35名、年齢75-97歳)が参加した。12名に1週間、35名に5週間、0.2%のGripin®クリームを1日1回塗布した。治療効果は、皮膚の落屑を基準として評価した。

結果
  1. Gripin®クリームを1週間塗布したところ、下腿および足背の鱗屑や亀裂は改善した(Fig. 2)。また、大部分の患者において臨床的改善効果が認められた(Table 1)。
  2. Gripin®クリームを5週間塗布した患者において、重度から中度または中度から低度への症状改善効果が認められ、下腕[A] (18名36部位、p<0.01) および下腿[B] (17名34部位、p<0.05)において有意な結果が得られた(Fig. 3)。
  3. Gripin®クリームは、重度(grades 4および5) (結果省略)よりも、軽度または中度(
グリピンクリームの乾皮症に対する効果
Fig 2. Gripin®クリームの乾皮症に対する効果
乾皮症患者におけるグリピンクリームの長期使用効果
Fig 3. 乾皮症患者におけるGripin®クリームの長期使用効果
乾皮症患者の下腕および下腿における症状の改善
Table 1. 乾皮症患者の下腕および下腿における症状の改善

Grade2およびGrade3の乾皮症患者に対するグリピンクリームの効果

Fig 4. Grade2およびGrade3の乾皮症患者に対するGripin®クリームの効果

結論

Gripin®クリームは、皮膚バリアー機能を回復し皮脂量を促進するという機序により、乾皮症の症状改善および治療に有効である。